アイフルホームの坪単価は平均56.6万円!じゃあ300万円の家って何?

アイフルホーム 坪単価 

LIXILメインで使いたいからアイフルホームが気になる!

でも、坪単価ってどれくらいなんだろう?

フランチャイズ形式だけど安心できるのかな?

そんな悩みに答えます。

正直、坪単価というのは「家を建ててみた結果としての価格」なので、参考にしかならないのですが・・・

我が家も家づくり当初は、とりあえず坪単価を知ることでハウスメーカーを絞っていたので、とても気持ちが分かります。

参考にしかならないとは言いましたが、少なくとも参考になる数字ではあるので・・・

ということで早速始めていきますね。


  • 作らないと100%後悔します!(体験談)
おうちづくりノートの画像

注文住宅で後悔や失敗はしたくないよね・・・

ぱぱ & まま

それなら、おうちづくりノートを作ってみて!誰でも簡単に無料で作れるよ!

>>おうちづくりノートの作り方はこちら

の標準仕様について、どこよりも詳しく徹底的に解説していきます。

アイフルホームが気になるあなたへ

せっかくの注文住宅なのに、「建てなきゃ良かった・・・」とならないために

ままりー

実はあなただけのオリジナル間取りプランや見積もりを無料でもらえるサービスがあります!

そんな都合の良いサービスがあるの?

ぱぱまる

あります!しかも、毎月5,000人以上、トータル30万人が利用する家づくりの超定番サービスなので安心です!

無料・かんたん・オンライン完結なので、検討段階の人でも簡単に頼めますよ!

\間取りをもらっても契約に縛りは無し!/

目次

アイフルホームについて

アイフルホームの参考画像。
出典:アイフルホーム

知っている人は飛ばしてください。

まずは「アイフルホームについて」です。

アイフルホームの特徴は?

アイフルホームの特徴といえば大きくこの2つでしょう。

  • LIXIL製品をコスパよく取り扱っている
  • フランチャイズ形式なのでコストが安い・地域密着型

もちろんこの2つはアイフルホームの強みではあるのですが、その他で個人的に特筆したいのは「10年連続キッズデザイン賞受賞している」部分。

アイフルホーム全体として、子育て家庭への提案に力を入れています。

アイフルホームの性能は?

おうちづくりドットコム調べの、アイフルホームの住宅性能は以下です。

  • 気密性を表すc値は0.61
  • 断熱性を表すua値は0.44
  • 耐震等級は3相当

c値は、1㎡あたりの隙間の面積です。つまり1㎡あたり0.61cmの隙間があるのがc値0.61ということ。

実は現在ではc値の規定は存在してはいないのですが、参考までにレオハウスがc値0.9・ヤマダホームズがc値1・アイ工務店がc値0.5といった調査結果でした。

同価格帯のハウスメーカーと比較しても、c値に関しては十分気密性があると言えます。

また、断熱性能を表すua値0.44もかなり評価が高く、通常の地域(関東から九州と思ってください)ではZEH基準も満たす性能です。


ただ、耐震等級の3相当だけが若干気になります。

3は最高等級ではあるのですが、3相当ということは証明されていないということです。

ぱぱまる

恐らく、長期優良住宅などで証明が必要な場合は、問題なく取得できるとは思いますが・・・

全体的にみて、アイフルホームの住宅性能は結構高いです。

>>ローコスト住宅ランキングはコチラ

アイフルホームの対応エリア一覧!

ほぼ日本全国くまなく、といったところですね。

  • 北海道
  • 東北(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)
  • 関東(東京都、栃木県、茨城県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県)
  • 中部(新潟県、石川県、山梨県、岐阜県、愛知県、長野県、静岡県)
  • 関西(滋賀県、大阪府、兵庫県、奈良県、三重県)
  • 中国(鳥取県、島根県、岡山県、広島県)
  • 四国(山口県、徳島県、愛媛県、香川県、高知県)
  • 九州(福岡県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県)

フランチャイズ形式なので、今後どんどん加盟店が増えていくことも考えられます。

平均坪単価は「56.6万円」建築実例から見る坪単価

結論からいくと、おうちづくりドットコム調べのアイフルホームの坪単価平均は56.6万円

一昔前だと中堅ハウスメーカーくらいの坪単価のイメージの56.6万円ですが、2024年現在だとじゅうぶんローコストです。

とはいえ、

ぱぱ & まま

今が一番安いんじゃないかな・・・

と思うくらいインフレが続いているので、今後もっと高くなることが予想されます。

ウッドショックしかり、物価の高騰しかり、円安しかり・・・

嫌になるようなことが続いていますが、アイフルホームは企業努力で値上げ幅は最小限に抑えてくれていますし、提案力で予算内に収める努力もしてくれています。

20坪台の坪単価

坪数ごとに坪単価の目安を紹介していきますね。

まずは20坪台のケースです。

アイフルホームの20坪台の家の画像
出典:SUUMO
坪単価57.7万円
延床面積26坪
ままりー

秘密基地感があってかわいらしい家ですね。

アイフルホームの20坪台の家の間取り
出典:SUUMO
アイフルホームの20坪台の家のシューズクローゼット。おしゃれ
出典:SUUMO


おしゃれなシューズクローゼットに遊び心が感じられて良い家ですね。

30坪台の坪単価

次は30坪台です。

アイフルホームの30坪台の家の外観。おしゃれ
出典:SUUMO
坪単価48.8万円
延床面積33.8坪
ままりー

青空に映えるかわいい家ですね!

アイフルホームの30坪台の間取り
出典:SUUMO
アイフルホームの30坪台の間取りその②
出典:SUUMO
アイフルホームの30坪台の家。猫の遊び場があってかわいい
出典:SUUMO

外観のプロバンス感や、猫専用のスペースなどこだわりを感じられる家です。

ぱぱまる

ウッドデッキも良い雰囲気ですね。

40坪台の坪単価

次は40坪台の家です。平均~少し大きめの家といったイメージのサイズですね。

アイフルホームの40坪台の家の外観
出典:SUUMO
坪単価55万円
延床面積40坪

ままりー

植えられた木が外壁と調和しててシンプルなのにおしゃれな家ですね

アイフルホームの40坪台の家の間取り
出典:SUUMO
アイフルホームの40坪台の家の間取りその②
出典:SUUMO
アイフルホームの40坪台の家の画像。犬がくつろいでいてかわいい
出典:SUUMO

庭を眺められるリビングが素敵です。

小屋裏収納もあって収納スペースもたっぷりですね。

50坪台の坪単価

最後に、50坪台の実例を紹介します。

アイフルホームの50坪台の家の外観。平屋ででかい
出典:SUUMO
坪単価79.3万円
延床面積50.4坪
ぱぱまる

デカッ!高級住宅!?しかも平屋!?

というのが第一印象でした。笑

アイフルホームの50坪台の家の間取り
出典:SUUMO

めちゃくちゃ大きな平屋です。

平屋でLDKが22畳ってかなり大きいですよね。

やはり平屋は2階建ての家に比べると、同じ坪数でも価格が上がりやすい傾向にあります。

そのため、2階建てで50坪ならもっと安くなるはずなので、あくまでも参考までに。

アイフルホームの300万円の家って何???

アイフルホームでは300万円の家が建てられるってきいたけど、本当?

結論から言うと、嘘ではないけど今は不可能です。

というのも、アイフルホームの提携している工務店で過去にキャンペーンを行っていたらしい、という情報しかありませんでした。

モデルハウスを限定的に格安で販売していたようですね。

2014年と2016年にキャンペーンを行っていたようですが、300万円で建てるのはちょっと現実的ではないですね・・・

ただ、シンプルにアイフルホームはローコストなので、300万円とはいかなくてもコストを抑えた家づくりは得意なメーカーですよ。

製品ごとの坪単価の目安

アイフルホームには、いくつか製品があります。

それぞれの製品でも価格は変わってくるので、製品ごとの特徴と坪単価の目安をお話していきますね。

FAVO(セシボ・AYA・シンプルライフ)

アイフルホームのFAVOの画像
出典:アイフルホーム

もともとアイフルホームにあった「セシボ」「AYA」「シンプルライフ」など様々な製品を統合して、アイフルホームの主力になっている「FAVO」

建てることよりも暮らすことをテーマに、暮らしやすさにこだわった家です。

平屋プランや2階リビングのプランなど、「これぞ注文住宅」という感じの家ですね。

そんな気になるFAVOの坪単価ですが、50~70万円。

プランや間取り・サイズによってもかなり幅はありますが、ローコストといえる価格帯ですね。

KIZUNA(規格型プラン)

アイフルホームのKIZUNAの画像
出典:アイフルホーム

次に紹介するのが「KIZUNA」

ファミリー向けをテーマにして、規格型プランから要望に合わせて作っていくタイプの家です。

セミオーダーといった印象ですね。

ZEH仕様もオプションで対応できたりするので、性能もバッチリです。

そんなKIZUNAの坪単価は50~55万円。

もちろん、ZEH仕様にする場合は60万円台が目安になりますが、それでも十分にローコストです。

i-Prime7(完全規格型)

アイフルホームのi-Prime7の画像
出典:アイフルホーム

アイフルホームでローコストといえば、「i-Prime7」

インターネット限定の商品です。

インターネット上で豊富なバリエーションからプランを選んでいくので、営業担当がいなくて人件費がかなり削減されています。

もちろん、施工自体はプロが行うので、i-Prime7だから品質が悪いということは全くありません。

坪単価に関しても、25万円からという驚愕の安さ。

ままりー

なのですが、2024年現在、販売を休止しています。安すぎて採算がとれないのでしょうか・・・?

【要注意】坪単価でハウスメーカーを選ぶのは危険

しつこく坪単価のお話をしてきましたが、坪単価でハウスメーカーを選ぶのは危険です。

理由はいくつかあります。

  • 坪単価は本体価格を坪数で割っただけだから
  • ハウスメーカーによって坪単価の計算が変わるから
  • 付帯費用は含まれないから

それぞれ見ていきます。

ぱぱ & まま

とはいえ、もちろん参考にはなる数字ですよ!

坪単価は本体価格を坪数で割っただけだから

坪単価でハウスメーカーを選ぶのが危険な理由1つ目が、「坪単価は本体価格を坪数で割っただけだから」です。

坪単価の算出は、オプションを含めた本体価格を、延床面積で割ることによって行われます。

つまり、オプションの有無でかなり幅がでてしまうことになります。

オプションなしで50万円の坪単価だとしても、オプションをたくさんつけると70万円になることもあります。

また、延床数が増えれば増えるほど安くなりやすいということもあり、「あの家と同じ坪単価」で家を建てれるようなものではありません。

ハウスメーカーによって坪単価の計算が変わるから

また、要注意なのがハウスメーカーによって坪単価の表記が変わる点。

というのも、ハウスメーカーでは坪単価という単語はあまり使われません。

それでもわれわれ施主側は坪単価を知りたいのでハウスメーカーに問い合わせます。

そのときに、ハウスメーカーによっては

  • 本体価格を延床数で割ったり
  • 本体価格を施工面積で割ったり

計算方法が様々です。

計算に用いたものは何か、きちんと聞く必要があります。

付帯費用は含まれないから

基本的には、坪単価には本体価格しか含まれません。

つまり、本体価格を抑えて安く見せかけて、付帯費用で利益をとるような会社だと、坪単価は安くなりがちです。

坪単価が安いと思って契約したら、総額で見たら別に安くなかった、というケースにもつながります。

そんな失敗を避けるためにも、必須なのが他のハウスメーカーとの比較ですね。

比較しないと、「おかしい」ということに気づかない可能性がありますよ・・・

アイフルホームのデメリット・悪い口コミ

バッテン デメリット しろくま イラスト

坪単価は56.6万円と安いうえに性能もそれなりに高いアイフルホーム。

ただ、もちろんアイフルホームで建てることのデメリットや良くない口コミもあるので紹介していきますね。

フランチャイズなので加盟店ガチャ

まずは、メリットにもなりうるフランチャイズ形式です。

フランチャイズ形式は、ざっくりいってしまうと

地元の工務店が、アイフルホームの看板を掲げて営業し、アイフルホームの商品を取り扱う

ような感じです。

そのため、加盟店(地元の工務店)の質に左右されてしまいます。

一応、建築中に加盟店がつぶれたりした場合、契約に基づいて他の加盟店や工務店が建築を最後まで終わらせてくれることにはなっています。

自由度は低め

FAVOであれば自由度の高い注文住宅が建てられますが、セミオーダータイプだとやはり自由度は落ちてしまいます。

ぱぱ & まま

コストをとるか、間取りの自由度をとるか、ほぼ好みの問題ですけどね。笑

アイフルホームのメリット

メリットを紹介する画像

もちろん、アイフルホームで家を建てることのメリットもあるし、良い口コミもたくさんありましたよ。

ローコストで良い家が建てられる

これに尽きると思いますが、アイフルホームはコスパ抜群です。

住宅性能も十分で、LIXIL製品を安く取り扱えるので、トータルの価格は安くなりやすいです。

2024年現在、激安規格住宅の「i-Prime7」は販売していないのが残念ですが、FAVOやKIZUNAでも十分安いし性能が良いです。

LIXILが安い!

アイフルホームの強みとしてはLIXILですねやっぱり。

もともと標準仕様でLIXIL製品がついているのですが、オプションでグレードを上げるときも安いようです。

LIXILに関しては仕入れ値が普通のメーカーより安いからとのこと。

ぱぱまる

一方、他のメーカーの住宅設備を採用するのであれば、アイフルホームのメリットが少し薄れちゃうかも・・・

省令準耐火仕様が標準

お客さまの大切な命や家を守るため、

火災と地震に強い家づくりをしています。

火災が発生しても一定時間部屋から火を出さず、

延焼を遅らせる「省令準耐火構造」を導入。

出典:アイフルホーム

耐震性能だけでなく耐火性能も高いのがメリット。

火事になる可能性はほとんどないとはいえ、いざというときに備えて安心できますね。

提携工務店が当たりなら、超安心できる

デメリットにもなりうるのですが、提携工務店が良い会社であれば、超安心して家づくりを任せることができます。


家づくりをしていて感じたのは、とても重要なのは「建てる会社の質」ではないかな、ということです。

今回の場合は、建てる会社というのはアイフルホームではなく、提携工務店です。

ハウスメーカーはほとんどが、実際に施工するわけではなく下請けや提携業者に施工をお願いしています。

そして、実際に施工する会社は空きや間取り等を見て振り分けられるので、施主側が選ぶことはできません。

ですが、提携の工務店が当たりであれば家づくりはかなりスムーズになるのです・・・

ままりー

選べないのはジレンマだよね

例えば、建築予定地の近くでアイフルホームの家づくりをしている会社があれば、建築の様子を見てみるのがオススメです。

建築中の様子を見れば、大丈夫な業者かどうかある程度分かりますからね。

アイフルホームと比較したい!同価格帯のハウスメーカーは?

詳しくはコチラのローコスト住宅ランキングの記事でまとめていますが、アイフルホームと比較したいハウスメーカーをいくつか紹介しますね。

  • タマホーム
  • アイ工務店
  • アキュラホーム

それぞれ軽く解説していきます。

タマホーム

タマホームの家の参考画像
出典:タマホーム

まず比較したいのはタマホーム。

コスパ良く高性能な家を建てられるのが特徴的です。

アイフルホームとの大きな違いは、

標準仕様で耐震等級は3

といった部分ですね。

一方、LIXILも標準仕様で取り扱っていますが、LIXILのグレードアップならアイフルホームに分があるので、建てたい家で比較したいところです。

>>タマホームについてまとめた記事はコチラ

アイ工務店

アイ工務店の参考画像
出典:アイ工務店

次に比較したいのが、アイ工務店。

アイ工務店の特徴も

高性能な家をコスパ良く提供している

という部分。

住宅性能はかなり高めですが、コスト的にはアイフルホームよりは少しお高め

とはいえ、間取りの自由度などアイフルホームにはない強みもあるので比較したいところです。

>>アイ工務店の標準仕様はコチラ

アキュラホーム

アキュラホームの参考画像
出典:アキュラホーム

ローコストで安定のタマホーム、かなり伸びてきたアイ工務店。

3つ目に紹介したいのが、アキュラホーム。

間違いなく今後大手に名乗りをあげそうなハウスメーカーです。

アキュラホームも、コスパ良く高性能な家づくりをしているのが特徴なのですが・・・

最近登場した「剛木造 超空間の家 スマート」というZEH住宅の坪単価が目安50万円台と破格なコスパです。

アイフルホームのFavoとぜひ比較したい商品ですね。

>>アキュラホームの標準仕様はコチラ

我が家のやっておけばよかったランキング堂々の1位は・・・

おうちづくりノートの画像

注文住宅、なにから手を付けていいか分からないし、ノリと勢いで建てちゃおう!

ぱぱ & まま

ちょっとまって!おうちづくりノートだけでも作ってください!

なにそれ?なんかめんどくさそう

ぱぱ & まま

おうちづくりノートは、「私たちが新築の時にやらなくて後悔したものランキング」圧倒的堂々の1位のノートです!
めんどくさそうだと思って作らずにいたら、家が建ってから後悔だらけ!

ままりー

家を建てた後に「おうちづくりノート」作ってみたらめちゃくちゃ簡単だったし、同じ後悔はしてほしくないです。5分で作れるので、チェックしてみて!


おうちづくりノートを作ると

  • ノートを作ることで、営業や設計の担当者との意思疎通がめちゃくちゃ楽になる
  • ノートを作ることで、不要・必要が分かるので家づくりにおける棚卸ができる
  • シンプルに楽しい
  • 少しの時間と少しのお金と少しの労力で、めちゃくちゃ節約できる可能性あり。
  • 夫婦・家族の仲が良くなる。

こんなメリットも。

>>おうちづくりノートの作り方をチェックする

【3桁万円変わります】後悔しないハウスメーカーの選び方!

ハウスメーカーによって、得意なことや不得意なことがあるからうまく選べる自信が無い・・・

ぱぱ & まま

当然です!家づくりは皆が初めてなので、後悔や失敗なくハウスメーカーを選べる人はなかなかいません。

  • 流されるままに家づくりを進めてしまって、あまり満足できなかった
  • 自由設計という割には制約が多くて、本当に採用したい間取りを採用できなかった
  • 私の家の値引きは100万円だったのに、似たような価格の友人の家の値引きは200万円以上あった

これらは実際に、おうちづくりドットコムに寄せられたハウスメーカー選びの後悔・失敗の一例です。

少しでも後悔や失敗をしないために、1000人以上の施主とやりとりしてきたおうちづくりドットコムは、下記の3ステップで家づくりを進めるのを超オススメしています!

  • 新居での暮らしをイメージ!
  • 複数社のプラン比較!
  • 展示場で空気を感じる!

①新居での暮らしをイメージ!

  • 大きい窓から庭を眺めたい
  • 耐震性能は絶対に妥協したくない
  • 暮らしやすい家事動線の家にしたい
  • 子供部屋は広くして、伸び伸び遊ばせたい
  • 隣の家からの視線を感じたくない
ぱぱ & まま

新居でどんな暮らしをしたいのか、家族会議を行いましょう!

そんな時に役に立つのが、

の2つです。

ハウスメーカーのカタログには、そのハウスメーカーが得意なデザインや間取りが多く載っています。

それをあなただけの家づくりノートにまとめておくことで、「家族のしたい暮らしの棚卸」が出来ます。

カタログを集めるなら、ライフルホームズ(LIFULL HOME’S)が最もオススメ。

気になるハウスメーカーにチェックを入れるだけで、一気にカタログを集めることができます。

どんな暮らしがしたいかを家族で共有するのは、家づくりで最も重要です。

共有せずに家づくりを進めると、「私はこんな家に住みたくなかった」といった不満が原因で、家族間の関係性にも影響してきちゃいます。

\無料でカタログを集める!契約の縛りは無し!/

②複数社のプラン比較!

ぱぱ & まま

新居での暮らしがある程度イメージできたら、複数社のプランを必ず集めて比較しましょう。

40坪くらいの家で、断熱性能・耐震等級には必ずこだわりたい。
リビングには吹き抜けがあって、4LDKくらいの部屋数は欲しい。
子供は2人なので、12畳の空間を将来的に間仕切りできるようにしたい。

といった要望をハウスメーカーに投げたとしても、出てくる間取りやプランは十社十色。

  • 価格
  • できること・できないこと
  • 間取りの魅力
  • アフターフォロー
  • 標準仕様の充実

などを比較して、家族の希望に近いハウスメーカーを絞っていきましょう。

何社も回って間取りや見積もりのようなプランをもらってくるのはちょっとしんどいんだけど・・・

ぱぱ & まま

昔の家づくりは、何社も回って見積もりや間取りを比較するのがセオリーでしたが、今は家でできちゃいます。

累計30万人以上が利用している「タウンライフ家づくり」なら、住宅展示場へ行かなくても無料で間取りや見積もりの作成依頼ができます。

\毎月5000人以上が利用中!/

契約の縛りは無し!

③展示場で空気を感じる!

  • ハウスメーカーのカタログをもとに家づくりノートを作ったり
  • ハウスメーカーのプランを比較したり

することによって、家づくりのイメージが明確になってきたら

ぱぱ & まま

ついに住宅展示場やモデルハウスに行ってみましょう!

暑さや寒さはどうでしょうか?エアコンガンガンじゃないと室温キープできないような家は嫌ですよね。
音が筒抜けになったり、1階のにおいが2階まで充満したりしないでしょうか?
思ったより広かったり、狭かったりはしないでしょうか?家具はちゃんと配置されていますか?

資料だけでは分からない部分が、家づくりにはたくさんあります。

実際に体で感じてみて、納得することで後悔は減らせますよ!

展示場に行ってからがハウスメーカー選びの本番。

家づくりノートがあれば、メーカーとのやりとりもスムーズになります!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1000人以上のハウスメーカー施主とやりとりしてきた、おうちづくりドットコムです!
コスパ至上主義の夫と、インテリアや間取り大好きな妻の2人で運営しています!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次